Japan Bike Technique (JBT)の精神

このイベントは一般的な自転車レースとはことなり、
自転車づくりの腕を競うものです。
プロフェッショナルとして自転車製作販売に携わる者が、
自分でエントリー車両を製作して参加します。
自転車の製造販売に携わる者に切嵯琢磨する場を提供し、
自転車に関わる技術の発展を促進させることを目指しています。

大会構成

1、事前展示・投票会

自転車関係の展示会に併設する形で、参加予定車両を展示いたします。
エントリーを検討している方はどんな自転車が出てくるのか参考にしてください。
なお、自転車愛好家の来場者の方に人気投票を行っていただきます。
ここでの投票は一人一票1ポイントとしてそれぞれのエントリーチームに付与されます。
みなさまのご投票をお待ちしております。

*参加車両すべてが展示されるわけではありません。
展示会までに車両の製作が間に合ったチームに限られます。

2019年大会 事前展示・投票会 要綱

2、プレゼンテーション・走行会

本選会は、二日間の日程で行われます。

第1日目 プレゼンテーション

会場にて一般公開の元、プレゼンテーションと審査を行います。
・参加車両の車検・諸測定
・審判による質疑・審査
・チームによる参加車両のプレゼンテーション

プレゼンテーション後、参加車両は本部にて保管します。

第2日目 走行会(ライド)

早朝、ライトを必要とする時間にスタートとなります。基本的に雨天決行です。
コースを区間に分け、ステージ的にポイントを設ける区間が有ります。
また、コース上にはイベントを設け、それらもポイント対象とする場合が有ります。

ゴール順に審判による車両チェックを行い破損個所等の評価を行います。
また、輪行のデモンストレーションを設け採点対象とします。

すべての走行終了後に表彰式を行います。

ライダーの資格

ライダーは各チームにより選ばれたものとします。
プロ及び登録選手等も可としますがハンディキャップポイントが課せられます。

2019年大会 プレゼンテーション・走行会 要綱