ビルダーコメント: 大瀧 政美 with KK.c speed (Mr. Masami Otaki)

フレームコンセプト 楽ちんツーリングフレーム
パーツ選択
コンセプト
アベイラブル+チープシック
アピールしたい
ポイント
部品点数が少なくシンプルでソリッドな車体である事
反省点 JBTの趣旨を理解せず参加した事
自車以外で
気になった車体
テンションシルク号
その他 JTBの趣旨はツーリング車の新しい提案が主眼と考えておりましたが 重量ベースよりの各種加算ポイントで決し、 軽い車体である事が最大の主眼でありました事を理解しておりませんでした。
全くアウェイな 世界へ参加させて頂き、よい経験となりました。

ライダーコメント: 小山 博史氏 (Mr. Hiroshi Koyama)

登り区間の感想 ギア比をもう少し下げるか、Fタイヤの内圧を上げるか、どちらかにするべきだった
ダート下りの感想 簡単なダートで退屈だったが、エンジンブレーキは摩擦ブレーキに勝る事を再確認出来た
気に入った点 650Bウィールとフィックスドギアの相性が予測以上によかった点
改良したい点 ロッド式チェンジャーを外す事

参加車両 詳細ページ(KK.c speed様 WEBサイトを開きます)

Japan Bike Technique 2019 スポンサー

日泉ケーブル株式会社   株式会社 日東   本所工研   株式会社 三ヶ島製作所   株式会社ヨシガイ   パナレーサー株式会社   アズマ産業株式会社   東京サンエス株式会社   株式会社ジョイジャパン   CCP