Japan Bike Technique (JBT)の精神

このイベントは
一般的な自転車レースとはことなり、
自転車づくりの腕を競うものです。

プロフェッショナルとして
自転車製作販売に携わる者が、
自分でエントリー車両を製作して
参加します。

自転車の製造販売に携わる者に
切嵯琢磨する場を提供し、
自転車に関わる技術の発展を
促進させることを
目指しています。

Japan Bike Technique (JBT)の歴史

Japan Bike Techniqueは2019年に生まれた新しいイベントです。
多様な自転車文化を誇るフランスでは
「Concours de Machines」
(英訳:MACHINE’S CONTEST)と銘打つ
自転車作りの技術を競うイベントが
自転車製作にかかわる方々により
企画・実施されています。
第一回はConcours de Machines
に参加した経験を持つ
I’s Bicycleの土屋氏の企画により
Japan Bike Technique 2019
として開催されました。
開催に際しては
日本の風土特性を考慮し、
日本に最適な自転車の姿を
求める事を目指し、
評価・採点項目として
重視しています。
・乗員の負担を軽減するために軽量化を重視
・信頼性を重視
・自転車を列車に搭載する際、袋詰めが必須。
・湿潤な国土である点(泥汚れを受けやすい)
・大標高差ルートとなりがちな点
・一般道の比率が高い点(自動車等との共存)
・用品の携行が必要である点
  (レインギア・食料・工具等の携行)
第一回 Japan Bike Technique 出場車両
第一回大会:Japan Bike Technique2019は
17チームが参加し様々なアイディアと技が提示されました。
Concours de Machinesに参加経験を持つ
I’s Bicycleが強みを発揮し最高点を獲得しましたが
主催側である事から公平性を保つ為に
オープン参加(順位外)の形となりました。
第二回大会となるJapan Bike Technique 2021(以下JBT2021)では
「Japan Bike Technique実行委員会」を設立し企画・運営を引き継ぎました。

世界に誇る自転車用機材の生産国である日本が
世界に誇れる手作り自転車の技を競います。